(‡ー・_=)y-くたばれ2ちゃんねる
日本固有の領土かえれ!竹島。2月22日は、竹島の日。
プロフィール

(‡ー・_=)y-

Author:(‡ー・_=)y-
 本サイトの全てにおいて
公序良俗違反の猥褻サーバーサイト2ch
(2ch擁護サイトを含む)
への無断転載は堅くお断り申しあげます。
 違法猥褻サーバーサイト2ch擁護者による無駄に騒がしい違法な誹謗書込はご遠慮ください。
 また
「http://ime.nu/,http://ime.st/」等の
猥褻・淫行(出会い系)サイトや検索URL等を悪用した擬装リンクも堅くお断り申しあげます。

 当サイトは右左の思想宗教集団・報道機関・公益団体・利権団体とは一切関係がない人畜無害な普通(ド素人)のおっさんが書いておりますよ。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ネット犯罪情報

2chからの使者か
告訴状



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



法律

日本国憲法
知的財産基本法
知的財産高等裁判所設置法
知的財産戦略本部令
著作権等管理事業法
著作権等管理事業法施行規則
著作権法
著作権法施行規則
民法(民法第一編第二編第三編)
民法施行法
商品取引所法
商法
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
プロバイダー責任法
プロバイダー責任法発信者情報省令
消費者契約法
出会い系サイト規制法
個人情報保護法令
刑法
破壊活動防止法
民事訴訟法
刑事訴訟法
破産法
会社法
電気通信事業法
警察法
警察官職務執行法
国家公安委員会等に対する不服申立てに関する規則
国民保護法



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


業務妨害患者が勝訴ですか。ならどうして入院してたの?
入院患者拘束、病院側に賠償命令 名古屋高裁
>西島幸夫裁判長は身体拘束の違法性を認め
だとか。
 この裁判長は決定的な見落としをしています。病院はその患者だけに作られたところではありません。他にも沢山の患者さんもいるのです。
 しかも病院は、患者の病気や怪我の治療が本来業務とする所です。愚痴や身の上話やうち明け話を聞く、よろず相談所ではありません。
 その患者さんが夜な夜な徘徊し、ナースセンターで話し続ければ、他の患者さんの安眠を妨害しているとは、気が付かないのですか。夜な夜な徘徊する患者が他の寝静まっている患者に気を遣い小声で話すと思いますか。人の気配さえ消えるほどの静かな夜の病棟。それでも大勢の患者さんは居るのです。喩え小声で話そうとも声が響くを想像して見てください。不眠症気味の患者さんにとっては、それはそれは気になって眠れないものです。その中で看護師の時間を一人が緊急でもないのに独占し、本来業務が出来なくなれば、業務妨害です。これは病院側が業務妨害者を訴訟する事案ではないのですか。なにかあべこべな話の気がします。目に余る業務妨害者を取り押さえるのに抵抗され怪我をさせた。それが違法ですか。業務妨害者が拘束されるのに同意するわけないでしょう。それを杓子定規と言います。逃げる泥棒が逮捕に必ず同意しますか。逮捕に同意しなかったのに現行犯逮捕するは違法との判決もおなじですよ。何を考えていますか。法律が人の怪我や病気を治す邪魔をしてはいけません。
 病院は介護を目的とした施設ではありません。この裁判長は適用する法律を間違えています。判決は不当で無効なものと思いませんか。
 法律で怪我が治せますか。法律が看病できますか。最高裁では、法律が口だししていい範囲はどこまでか、よくよく考えて判決ください。

 患者は全て大人しく治療を受ける者とは限りません。暴力的で狂気に走る者も居ます。その中で命の危険と戦いながら、患者を救う人々の身を守る権利を奪ってはいけません。人権侵害です。司法官は医師ではありません。立場をわきまえて下さい。
 業務妨害者は病院に入院してはいけません。医療サービスを受ける資格はありません。医療サービスには権利も無ければ義務もありません。だから医療サービスなのです。はき違えてはなりません。自ら治療拒否をし、資格放棄をしたも同然です。啼こうと喚こうと騒ごうと、資格の及ばない所で勝手に、病気や怪我に苦しんで死ねばよろしい。それが自由というものです。
スポンサーサイト

テーマ:医療と行政 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mufu.blog29.fc2.com/tb.php/527-7b734d97



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。