(‡ー・_=)y-くたばれ2ちゃんねる
日本固有の領土かえれ!竹島。2月22日は、竹島の日。
プロフィール

(‡ー・_=)y-

Author:(‡ー・_=)y-
 本サイトの全てにおいて
公序良俗違反の猥褻サーバーサイト2ch
(2ch擁護サイトを含む)
への無断転載は堅くお断り申しあげます。
 違法猥褻サーバーサイト2ch擁護者による無駄に騒がしい違法な誹謗書込はご遠慮ください。
 また
「http://ime.nu/,http://ime.st/」等の
猥褻・淫行(出会い系)サイトや検索URL等を悪用した擬装リンクも堅くお断り申しあげます。

 当サイトは右左の思想宗教集団・報道機関・公益団体・利権団体とは一切関係がない人畜無害な普通(ド素人)のおっさんが書いておりますよ。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ネット犯罪情報

2chからの使者か
告訴状



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



法律

日本国憲法
知的財産基本法
知的財産高等裁判所設置法
知的財産戦略本部令
著作権等管理事業法
著作権等管理事業法施行規則
著作権法
著作権法施行規則
民法(民法第一編第二編第三編)
民法施行法
商品取引所法
商法
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
プロバイダー責任法
プロバイダー責任法発信者情報省令
消費者契約法
出会い系サイト規制法
個人情報保護法令
刑法
破壊活動防止法
民事訴訟法
刑事訴訟法
破産法
会社法
電気通信事業法
警察法
警察官職務執行法
国家公安委員会等に対する不服申立てに関する規則
国民保護法



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


島唄
 沖縄に米軍が攻めてきた。「島唄」は反戦歌とか。

 欧州戦線を含め第二次世界大戦での米国軍戦死者20万人。その内10万人がこの沖縄戦で失われたと聞く。この時、日本軍の沖縄戦戦死者10万人。沖縄民間人死者20万人。この事は米軍にとって沖縄戦が如何に壮絶な戦いだったかを物語ります。
 また戦意高揚か決死の覚悟の顕れか戦艦大和も片道分の燃料だけを積み、警護の艦隊も航空隊も連れず、沖縄の海に藻屑となりました。軍事参謀は最早、己が何を指示したのか判らなくなってしまっていたのかもしれませんね。参謀がパニック障害では話になりません。知り合いの家族も大和の乗組員として共に出撃し今は海の底とか。知らないままでは、いけない事なのかもしれません。
 この戦いの戦死者の数に驚いた米国軍は後に原爆使用に踏み切らせたとも言われています。
 日本軍の本土決戦の戦術は、北ベトナムに受け継がれベトコンとなり、やがて大国米国に勝利したという。
 櫻に象徴される潔さを持つ武士の国、日本。占領されて潔く負けを認めた日本。国力及ばず戦うには力量不足。原爆と言う無差別大量虐殺兵器を使用する悪魔の国、安っぽい正義、非常識、残酷無惨をしておきながら責任転嫁で自己正当化をしてばかりの米国と戦争をするには、あまりにも日本は優し過ぎたのです。この日本での占領政策に己の統治能力が高いと勘違いした米国は、現在、アフガニスタン、イラクでの占領政策が失敗に至る。つまり米国が優れていたのでは無く、日本が潔かったからと言えるのではないでしょうか。
 日本統治の責任者であるマッカーサーは戦後戦争を振り返り日本の置かれた立場を知り、敵として戦った者であるにも関わらず「日本は自衛のために戦争をしただけだった」と言ったという。本当の敵はソ連・中国共産党であったわけです。
 とは言え国民と政府は米国に何を期待しているか知りませんが、所詮他国。日本には支那よりでも米よりでもない独自の路線だってあるのに。現在表向き同盟国となっている米国は
【竹島問題】表記再変更へ 韓国の抗議受け 米政府
この程度(外務省は厳重抗議ものですよ。しかし今のヘタレ売国内閣じゃ無理かもね。)。物事で何が大事か何も判っておりません。信念も無く日和見的に朝令暮改の節操のない国です。
 そんな節操のない米国などに、牙を抜かれた日本には、自衛権が残りました。現在日本には、その自衛権さえ取り上げようとする集団があります。理由はどうあれ、侵略国家である敵にとって便利で都合の良い「無抵抗で死ね」への道を歩かせ強要する集団です。言葉や文章を見て額面通りで判断するのでは無く、実際の行動、行き着く先を見てみましょう。事実を恣意的に編集し、事実誤認を招くことをしています。(NHKなど)
 戦争は互いに傷つく消費だけの究極経済といわれています。また敗戦国へ一方的に賠償責任を負わせてはならないと第一次世界大戦を経て世界は学んだはずなのに、前車の轍を戦勝国は踏んでしまいました。愚かな行為も歴史が繰り返されたわけです。そう言う意味で日本が一方的に賠償責任を負う義務はありません。謝罪の必要もありません。

*「島唄」は「下らない反日極左歌」とコメントを賜りました。平和を願うに戦争の悲惨さを伝えるに、愛だの恋だのを絡めるのは、反日左翼の常套手段で少々不真面目不謹慎かもしれませんね。反省致します。
 先祖が命をかけて守り戦っていただけたからこそ、皇の国は護られて来たわけです。現代において愛だの恋だのとうつつを言えるもの英霊のお陰ですね。御国の為に戦った沖縄県民の皆さんは、靖国神社に祀られているとか。魂はきちんと本土に届いておりますよ。見捨てられてなんかいませんよ。ところが反日左翼は、それを、やっと訪れた平和を乱し暴動で怒声で人々を恐怖に陥れ、どこが市民団体か、どこが平和団体か、どこが女性の味方かとは思います。学生運動の世代は「集団心理でおかしくなっているな」としか、当時思えませんでした。
 とは言え反戦歌云々はどうあれ、「島唄」の歌じたいはいいなと思ってしまいましたよ。宮沢和史も戦争を事実を「可哀想」で終わらず、もう少し、深い所で理解できるようになるといいですね。
*「戦争の悲惨さ」ばかりに目を奪われ、平和な筈の戦後、もはや護ってくれる軍隊もなく、身を守る武器も奪われ、粛正がおきたり。民衆は戦争中よりさらに危険に晒されたりします。「平和だ」「もう兵隊にとられ死ななくて済む」とうかれ、一方的な物の見方しか出来ないは愚かで危険と感じます。
*「島唄」を知ったのは、2008年7月23日。つまり知ったばかりです。
島唄
世界での評価もあるようですね。ここ25年ばかり新しい歌に興味が沸かずにいましたが、この「島唄」には何かサクッと刺さる物があったようです。

「海軍小唄」

一、汽車の窓から 手をにぎり
  送ってくれた 人よりも
  ホームの陰で 泣いていた
  可愛いあの娘が 忘られぬ
  トコ ズンドコ ズンドコ

二、花は桜木 人は武士
  語ってくれた 人よりも
  港のすみで 泣いていた
  可愛いあの娘が 目に浮かぶ
  トコ ズンドコ ズンドコ

三、元気でいるかと いう便り
  送ってくれた 人よりも
  涙のにじむ 筆のあと
  いとしあの娘が  忘られぬ
  トコ ズンドコ ズンドコ


お座敷小唄


 先人が護り育て発展させてきた日本。みすみす「反日極左の自由にさせてたまるか」な気分になりますね。
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mufu.blog29.fc2.com/tb.php/494-5c2fdfc8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。