(‡ー・_=)y-くたばれ2ちゃんねる
日本固有の領土かえれ!竹島。2月22日は、竹島の日。
プロフィール

(‡ー・_=)y-

Author:(‡ー・_=)y-
 本サイトの全てにおいて
公序良俗違反の猥褻サーバーサイト2ch
(2ch擁護サイトを含む)
への無断転載は堅くお断り申しあげます。
 違法猥褻サーバーサイト2ch擁護者による無駄に騒がしい違法な誹謗書込はご遠慮ください。
 また
「http://ime.nu/,http://ime.st/」等の
猥褻・淫行(出会い系)サイトや検索URL等を悪用した擬装リンクも堅くお断り申しあげます。

 当サイトは右左の思想宗教集団・報道機関・公益団体・利権団体とは一切関係がない人畜無害な普通(ド素人)のおっさんが書いておりますよ。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ネット犯罪情報

2chからの使者か
告訴状



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



法律

日本国憲法
知的財産基本法
知的財産高等裁判所設置法
知的財産戦略本部令
著作権等管理事業法
著作権等管理事業法施行規則
著作権法
著作権法施行規則
民法(民法第一編第二編第三編)
民法施行法
商品取引所法
商法
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
プロバイダー責任法
プロバイダー責任法発信者情報省令
消費者契約法
出会い系サイト規制法
個人情報保護法令
刑法
破壊活動防止法
民事訴訟法
刑事訴訟法
破産法
会社法
電気通信事業法
警察法
警察官職務執行法
国家公安委員会等に対する不服申立てに関する規則
国民保護法



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南朝鮮は日本と交戦状態らしい
 南朝鮮から日本に宣戦布告でもあったのだろうか。少なくとも日本は南朝鮮に宣戦布告はしていない。
憂国広場C 日章旗をつけたF22戦闘機が出現する~どう生き残っていけばよいのか、気が重くなる(朝鮮日報)
http://warabidani.cocolog-nifty.com/c/2007/07/f22_beb9.html

を読んでいて南朝鮮はそこまで馬鹿じゃないだろ。と思ったのだが、
【社説】北東アジアに日章旗をつけたF22戦闘機が出現する
http://www.chosunonline.com/article/20070427000018

「米国は日本にF22を輸出する理由として、北朝鮮の核・ミサイルによる脅威と、中国空軍の進歩を挙げた。
 一方で米国は、そうした脅威にさらに直接的にさらされている大韓民国など念頭にもないようだ。」
本当だった。一体どこから日本が南朝鮮を攻撃するとなったのか。また「ネットで見た」を言うつもりか。南朝鮮が対戦中なのは北朝鮮、中国共産党。休戦が長すぎたのか、健忘症なのか。全く「三歩で忘れる鶏」並の記憶力と言わざるを得ない。
 極めて好戦的に今頃戦時賠償を言ってくるような南朝鮮には、ことある毎に「「日韓基本条約」と日本語・英語文と、その交換公文」を持ち出し話を始めなければならない。
 記憶を無くし歴史を捏造する南朝鮮。従軍慰安婦詐欺師の件が例。それを改めて確信し深めた次第です。

*日韓基本条約は一方的に日本が不利益となる条約でこれを締結し戦時中のことはこれで全て最終的に終了としたもの。もしこれを破棄すれば南朝鮮は、日本に莫大な資産を帰さなければならない。
 またこれとは別に日本国として参戦した南朝鮮は日本にならい対戦国に戦時賠償しなければならないが責任を果たしていない。南朝鮮は日本の植民地であったと主張するなら、戦後ドイツの植民地が対戦国にどのような賠償をしたか宗主国ドイツに何を返済したかを調べるべきである。
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mufu.blog29.fc2.com/tb.php/321-0f4ca8ec



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。