(‡ー・_=)y-くたばれ2ちゃんねる
日本固有の領土かえれ!竹島。2月22日は、竹島の日。
プロフィール

(‡ー・_=)y-

Author:(‡ー・_=)y-
 本サイトの全てにおいて
公序良俗違反の猥褻サーバーサイト2ch
(2ch擁護サイトを含む)
への無断転載は堅くお断り申しあげます。
 違法猥褻サーバーサイト2ch擁護者による無駄に騒がしい違法な誹謗書込はご遠慮ください。
 また
「http://ime.nu/,http://ime.st/」等の
猥褻・淫行(出会い系)サイトや検索URL等を悪用した擬装リンクも堅くお断り申しあげます。

 当サイトは右左の思想宗教集団・報道機関・公益団体・利権団体とは一切関係がない人畜無害な普通(ド素人)のおっさんが書いておりますよ。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ネット犯罪情報

2chからの使者か
告訴状



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



法律

日本国憲法
知的財産基本法
知的財産高等裁判所設置法
知的財産戦略本部令
著作権等管理事業法
著作権等管理事業法施行規則
著作権法
著作権法施行規則
民法(民法第一編第二編第三編)
民法施行法
商品取引所法
商法
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
プロバイダー責任法
プロバイダー責任法発信者情報省令
消費者契約法
出会い系サイト規制法
個人情報保護法令
刑法
破壊活動防止法
民事訴訟法
刑事訴訟法
破産法
会社法
電気通信事業法
警察法
警察官職務執行法
国家公安委員会等に対する不服申立てに関する規則
国民保護法



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


光市母子殺害裁判の21人弁護団は法廷侮辱罪
 欧米の映画ドラマで「法廷侮辱罪」として退廷を命ぜられる場面が有ったりしますが日本には法廷侮辱罪がありません。不思議にも本当にないのです。そのため光市母子殺害21人弁護団が荒唐無稽な主張をしても法廷侮辱罪として退廷を命ぜられることがありません。あればこの21人は「裁判を混乱させ、それまで付いた弁護士を荒唐無稽戦術をとれなかった無能者であるかのような言いぐさ。」名誉毀損まで犯して法廷侮辱罪にあたるかもしれませんね。
 もっとも「無能者」についてはそれまで付いた弁護士が自傷しての発言なら名誉毀損ではないかも。
 立ち寄ったラーメン屋での話題。日頃野球の話題しかでない店。そこでは新聞一面を飾る宮沢死亡でも従軍慰安婦でも国民年金でも総連本部差し押さえでもなかった。その場の話題の全てが、この光市母子殺害裁判の行方でした。
 見ず知らずの人たちは口々に「おかしい」「ありえない」を連発。世間とマスコミの興味の差、温度差を感じた瞬間でした。

 きっと世間では多く、この弁護団の21人は弁護士としての資質が問われているのかもしれませんね。
 日本人に比較し格段に多い朝鮮人中国人による犯罪率。刑務所の服役者の半数は朝鮮人だとか。犯罪加害者を擁護するは朝鮮人中国人を擁護するに通じ、そのあたりが理由についた21人と見ています。
 それも日弁連の主張活動を見ていれば一目瞭然ですか。「人権派弁護士」この呼称は何処の組織がそう呼んでいるのでしょうか。

 また光市母子殺害弁護団への懲戒請求例文サイトですね。
懲戒請求テンプレート集
http://www.k3.dion.ne.jp/~sugiura/index5.html

 懲戒請求対象弁護士はPDF例文に実名入りのようです。「国民の怒りは治まらない」ということでしょうか。一カ所を弾圧して潰してもパルチザン化しています。「人権派弁護士」のみなさん。社会共産主義者の十八番(おはこ)を取られてしまいましたね。
 この場合、憲法9条廃止反対派のみなさんも戦争するのですか。好戦的な平和主義者ですか。

弁護士に対する懲戒請求に関して (Henkyo News)
http://www.icchome.net/news/2007/06/post_119.html

 大量懲戒請求の流れが書いてありますがこれはこの人の見方であって事実とは断定できない。ともいえますね。
 ヤメ検弁護士による脅しともとれる発言も載せてあったりして。「そこまで言って委員会」を弾圧しようとしているともうけとれます。
 ところで「言論の自由」をどのようにお考えですか。勝谷発言妨害疑惑もあるようですよ。

平成17(受)2126 損害賠償請求事件 (弁護士に対する懲戒請求の濫用) 平成19年04月24日 最高裁判所第三小法廷
http://kanz.jp/hanrei/detail.html?idx=1727

 懲戒請求の件ですが例と上げられている判断では「弁護士としての品位を損なうとは言えず」とか。ところが本件では社会通念上荒唐無稽な理由を持ち出し法廷を侮辱し、弁護士としての品位を著しく貶めています。この違いを考慮しましたか。これを懲戒請求した者へ止めさせるための脅迫材料とするならそれも懲戒請求の対象弁護士になりませんか。
 懲戒請求が有った以上、まずはそれを真摯に受け止め審議されてはどうですか。懲戒請求への反論も荒唐無稽では話もできません。
スポンサーサイト

テーマ:性犯罪・わいせつ事件 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mufu.blog29.fc2.com/tb.php/313-6d3574ac



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。