(‡ー・_=)y-くたばれ2ちゃんねる
日本固有の領土かえれ!竹島。2月22日は、竹島の日。
プロフィール

(‡ー・_=)y-

Author:(‡ー・_=)y-
 本サイトの全てにおいて
公序良俗違反の猥褻サーバーサイト2ch
(2ch擁護サイトを含む)
への無断転載は堅くお断り申しあげます。
 違法猥褻サーバーサイト2ch擁護者による無駄に騒がしい違法な誹謗書込はご遠慮ください。
 また
「http://ime.nu/,http://ime.st/」等の
猥褻・淫行(出会い系)サイトや検索URL等を悪用した擬装リンクも堅くお断り申しあげます。

 当サイトは右左の思想宗教集団・報道機関・公益団体・利権団体とは一切関係がない人畜無害な普通(ド素人)のおっさんが書いておりますよ。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ネット犯罪情報

2chからの使者か
告訴状



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



法律

日本国憲法
知的財産基本法
知的財産高等裁判所設置法
知的財産戦略本部令
著作権等管理事業法
著作権等管理事業法施行規則
著作権法
著作権法施行規則
民法(民法第一編第二編第三編)
民法施行法
商品取引所法
商法
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
プロバイダー責任法
プロバイダー責任法発信者情報省令
消費者契約法
出会い系サイト規制法
個人情報保護法令
刑法
破壊活動防止法
民事訴訟法
刑事訴訟法
破産法
会社法
電気通信事業法
警察法
警察官職務執行法
国家公安委員会等に対する不服申立てに関する規則
国民保護法



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


共同著作物「電車男」の出版
著作権法第64条
 共同著作物の著作者人格権は、著作者全員の
 合意によらなければ、行使することができない。

 共同著作物の各著作者は、信義に反して前項の
 合意の成立を妨げることができない。

 共同著作物の著作者は、そのうちから
 その著作者人格権を代表して行使する者を定める
 ことができる。

 前項の権利を代表して行使する者の代表権に
 加えられた制限は、善意の第三者に対抗する
 ことができない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「電車男」は共同著作物であるため
この条文の適用になる。

1項によって全員の合意を必要とするが
3項によって代表を決めることができる。
としている。
「電車男」と名乗ったコテハンが代表として
あったならなるほど代表として対応することも
できるだろう。

しかし、全員が内揃った状態は一度もなく
代表になりえたとは言い難い。
またこの共同著作物の中にはひろゆきは
入っておらず。共同著作物の著作権者とは言えない。

この状態で出版がなされていいのか?

元々は無償提供であり書籍化等を目的としては
書かれてはおらず、共同著作者全員の合意に
達していない。
書籍化は規約にすら載っていない項目であり
その際は別途協議がいるのではなかろうか。

匿名投稿者は
匿名性によってその判別が難しいとされるが、
管理者「ひろゆき」がここに係わっているのだ。
IP開示程度の情報提供が出来うる。しかし
管理人はIP開示等の情報提供に抵抗を示した。
これは極めて意図的な隠蔽と受け取られても
仕方がないと言える。

また電車男も本人とは確定していない上、
中の人のまとめ行為も共同著作者の合意に
従ったとは言えない。他の住人の反応は
と言えば書籍化に対して反対していた。

結果として、報酬を得るには
権利の怪しい3人が集まって山分け。
になってしまっていると言える。

一服しまつ(‡ー・_=)y-~~~
スポンサーサイト

テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mufu.blog29.fc2.com/tb.php/25-934ba11c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。