(‡ー・_=)y-くたばれ2ちゃんねる
日本固有の領土かえれ!竹島。2月22日は、竹島の日。
プロフィール

(‡ー・_=)y-

Author:(‡ー・_=)y-
 本サイトの全てにおいて
公序良俗違反の猥褻サーバーサイト2ch
(2ch擁護サイトを含む)
への無断転載は堅くお断り申しあげます。
 違法猥褻サーバーサイト2ch擁護者による無駄に騒がしい違法な誹謗書込はご遠慮ください。
 また
「http://ime.nu/,http://ime.st/」等の
猥褻・淫行(出会い系)サイトや検索URL等を悪用した擬装リンクも堅くお断り申しあげます。

 当サイトは右左の思想宗教集団・報道機関・公益団体・利権団体とは一切関係がない人畜無害な普通(ド素人)のおっさんが書いておりますよ。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ネット犯罪情報

2chからの使者か
告訴状



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



法律

日本国憲法
知的財産基本法
知的財産高等裁判所設置法
知的財産戦略本部令
著作権等管理事業法
著作権等管理事業法施行規則
著作権法
著作権法施行規則
民法(民法第一編第二編第三編)
民法施行法
商品取引所法
商法
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
プロバイダー責任法
プロバイダー責任法発信者情報省令
消費者契約法
出会い系サイト規制法
個人情報保護法令
刑法
破壊活動防止法
民事訴訟法
刑事訴訟法
破産法
会社法
電気通信事業法
警察法
警察官職務執行法
国家公安委員会等に対する不服申立てに関する規則
国民保護法



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミクシィ事件「出版社」に対する告発状
まず了解して戴きたいのは、
当方は法律を生業とする職にありません。
対価を得て法律相談をすると罰せられる身分です。
実際に告発状を書かれる場合は、
法律を生業とする職にある方にご相談ください。

>削除人、管理人を検察に告発したい
とコメントを戴きました。しかしその事実を
確認しておりませんでしたので具体的に、
告発状がかけません。
削除人、管理人に対するはその事実を
確認出きる方にお願い致したいと思います。

当方で現在確認出きるは、出版社による
被害拡大の事実だけですので、
それに関して告発状を検討致したいと思います。

削除人、管理人に対してはアレンジして
読んで戴けれければと思います。

まず出版社の行った行為は、わいせつ画像を
頒布し被害者の心身に著しい被害をもたらした。
おもしろおかしくからかう記事とし被害者を侮辱した。
被害者に罪をなすりつけ加害者に対する批判を
しなかった。
な事実が確認できます。そこから
・(わいせつ物頒布等) 刑法第百七十五条
・(準強制わいせつ及び準強姦) 刑法第百七十八条
・(名誉毀損) 刑法第二百三十条
・(侮辱) 刑法第二百三十一条
が考えられます。

告訴状・告発状の書き方は
総合文書研究所

告訴・告発状の書き方
http://www7.ocn.ne.jp/~byoudou/kokuso.html

に詳しい。

その「告訴・告発状の書き方」を参考に告発状を
書いてみますと(被告発人は匿名でも可)
              告発状

    告発人
      住所  愛知県名古屋市東区一ノ一ノ一
      職業  自動車製造業
      氏名  小牧 太郎(昭和34年1月1日生)  印

    被告発人
      住所  東京都葛飾区亀有2345ノ1
      職業  出版業
      氏名  南野 誰兵衛(昭和41年9月14日生)

   平成18年○月○日
  東警察署長殿
   一  告発の趣旨
  被告発人の以下の所為は、刑法第百七十五条・第百七十八条
・第二百三十条・第二百三十一条に該当すると考えるので、
被告人を厳罰に処することを求め告発する。
   一  告発事実
  被害者の住所氏名職業はすでに別事件において
インターネットで公開されてしまっており、
個人が特定される状況にあるにも関わらず
被告発人は、平成18年10月13日発行の出版物、
(週刊○○)において被害者の了解も無く、
被害者がわいせつ写真で収入をえている者とは
とうてい言えない職業にあると知りつつ
公開されては著しく名誉を傷つけられる写真を
公開しインターネット以外へも被害を拡大させた。
また記事内容は一方的に被害者の罪を誘導するものとなっており、
事実の検証に支障をきたすものとなっている。
 被告発人の、前記行為は刑法第百七十五条・第百七十八条
・第二百三十条・第二百三十一条のわいせつ・侮辱罪に
該当すると思われますので、被告発人の厳重な処罰を求めるため、
ここに告発いたします。

   二  添付書類
          上記該当記事の複製 一枚

なとこでしょうか。
あと証拠となる該当記事を引用して書くと
よいでしょうね。裁判の証拠資料とするなら、
著作権の縛りはなくなるので、気にせず使える。

この事件の罪は「わいせつ物頒布等」を除き
親告罪になるので被害者の意思を
尊重しなければならないのです。

削除人、管理人相手は、立場上犯罪の事実を知る機会を
何度と無く得ていながら放置した。ということで
(幇助) 刑法第六十二条
(身分犯の共犯) 刑法第六十五条
が考えられますね。
スポンサーサイト

テーマ:頭にきたニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント
管理人様、ありがとうございます! 告発状の書き方まで詳しくお教え下さり感謝に耐えません。投稿者にはわいせつ物流布、管理人・削除人には幇助の線で公安・警察庁、福島県警ハイテク犯罪対策室にはメールで通報済みですが、福島検察審議会にもその線で告発状を提出しようと思います。丁寧かつ迅速なご返答に感謝しつつ管理人様のますますの活躍をお祈り申し上げます。
【2006/10/18 20:11】 URL | 見物人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mufu.blog29.fc2.com/tb.php/132-eab0f3c8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。